雑学と豆知識を中心に、管理人の趣味(主に競馬)や気になる話題も提供するブログです!

お正月

鏡餅のみかんの意味とは?実はみかんじゃない!?

投稿日:2017年12月29日 更新日:

スポンサードリンク

正月に飾るものとして有名な鏡餅がありますね。

私の家にも鏡餅を毎年正月に飾っています。
ちなみに子供の頃は鏡餅のみかんと干し柿って食べても良いのかなと思っていました。

まあ食べたら食べたで親にどれだけ怒られるかと考えると結局手出しはしなかったですが…(笑)

しかし、この鏡餅のみかんの意味って何なんだろうと思いませんか?
今更ながらこの意味を知りたいなと考えてネットや本でポチポチと検索して答えを見つけてみました!

管理人
今回は鏡餅の上に乗っているモノ(みかんや干し柿)を中心に紹介していきたいと思います!

鏡餅の上に乗せるのはみかんじゃない??

実はこれみかんじゃないのです!

( ゚д゚)ポカーンとなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ただ、私たちがよく見る(家に置いてある)鏡餅は大抵みかんが乗っています。

「(;´Д`)ん?どういうこと?」

と思いますよね。

本来ならば鏡餅の上に乗っているのは橙(ダイダイ)という果物を使うのが正式となっています!

ただ、この橙という果物はちょっと手に入りにくい果物で、みかんよりも値段が高いことから代わりにみかんが置かれるようになりました。

 

橙とは?

 

実を正月の飾りなどに使うみかん科の常緑小高木。実は冬に熟して黄色になり、来年の夏にはまた緑色になる。

皮の部分は薬用として用いられる。

 

まぁ言ってしまえば大人の事情ですね(笑)

鏡餅の上にみかん(橙)を乗せる理由

鏡餅の上に橙を乗せることによって、その家が繁栄し、代々続くようになることを願っていたのです。
橙だけに代々です(笑)

他にも橙は木から落ちることがないため、実も大きく育ち、家が大きくなるとも言われています。

また歴史を遡ると、橙を「不老不死」の食べ物として天皇に献上したこともあったそう。

今では鏡餅の上に乗せるのは大人の事情(値段の高さetc)でみかんへとチェンジしましたが、橙はみかんよりもちょっと大きめであることから、
乗せるとバランスが悪くなるという理由から変化していったとも言われています。

葉っぱ付きな理由は?

 

よく葉っぱ付きのみかん(橙)が売られていますね。

先程の説明にもありました通り、橙は実が熟しても木から落ちてきません。
そのことから子孫繁栄の象徴であるとも言われています。

つまり、葉っぱがついたみかんや橙は枝について落ちてこない橙を重ね合わせているのです。

そのことから葉っぱ付きのみかんや橙が多いというワケです♪

干し柿をのせる理由とみかん(橙)の関連性

鏡餅の上にはみかんや橙の他に干し柿もくっ付いていますよね。

あの干し柿の正式名称は「串柿」といって、柿は「長寿の木」として縁起の良い食べ物であるから、

鏡餅の上にみかんや橙と一緒に飾ってあることが多いのです。

普通の柿じゃなくて干し柿にする理由は「時間を書ければ良いものに変わる」→「願いが叶う」という意味が込められています。

スポンサードリンク

また「嘉来(かき)」という「再び幸せがやって来る」という意味の熟語からみかんや橙と一緒に鏡餅の上に乗せ始めたという理由もあります。

橙は「代々続く」、柿は「嘉来(かき)」。

合わせると「幸せがずっと続く」ことを願っているのですね(*´ω`*)

干し柿の数には理由があった!

鏡餅の上に飾ってある干し柿の数は全部で10個です。

刺し方にも特徴があり、内側と外側にそれぞれ2個ずつ、真ん中に6個刺しています。

その理由は「外はニコニコ、仲睦まじく」という意味で、外は2個ずつなので「ニコニコ(2個2個)」、中に6個なので「仲睦まじく(中に6つ)」
という語呂合わせが理由です。

日本の伝統文化にはこういうダジャレを良く使っていることが多く、知ると面白くなってきますね^^

みかん(橙)は食べても良いの?

みかん(橙)は食べてもOKです!

鏡餅には歳神様という神様が宿っており、その効力は餅のみならず、上に乗っているみかんや橙にもあると言われています。

鏡餅を食べる際にみかんも分け合って食べるようにしましょう!

あ、ちなみに橙は非常に酸味と苦味が強いため、みかんのように甘く感じることはありません…(´Д`)
食べるより橙を使った漢方や香水などは人気が高く、加工用の果物としての需要の方が高いですね。

後々食べることを考えてもみかんを乗せる方が良いという考え方もありますし、納得ですね~。

今回のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。最後に鏡餅の上のみかんと橙についてのまとめをどうぞ~。

鏡餅の上のみかんと橙について

・鏡餅の上に乗せているのは橙という果物が正式である

・最近は橙の代わりにみかんを乗せていることが多い

・橙は値段が高く、みかんよりも手に入りにくく、食べると美味しくないことからみかんを代わりに乗せ始めた

・橙は「代々」ということから子孫が繁栄し、木から落ちることがないため、家が大きくなるという意味がある

・橙は「不老不死」の食べ物として昔に天皇への贈り物として献上したことがあった

・橙とみかんは飾り終えた後に食べても良い

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク

スポンサードリンク



-お正月
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鏡餅

鏡餅の鏡開きのやり方!やってはいけない方法も!

スポンサードリンク 三が日が終わるとどの家庭でもホッと落ち着きますね。 年末年始はゴロゴロしているだけではなく、大掃除や初詣など何かと動くことが多いですね。 そしてそれらが終われば暇なので再び猫になる …

お年玉のぽち袋の書き方!写真付きでわかりやすく解説します!

スポンサードリンク 管理人がお正月で一番好きなイベントが….そうお年玉!! 子供の頃から莫大なお金が手に入るビッグイベントということで、ワクワク感が半端なかったですね^^ 親戚や近所の方か …

書き初めの意味と由来!オススメの四字熟語も教えます!

スポンサードリンク お正月は餅食って寝てを繰り返すことで体重増加に拍車がかかる管理人のももです。 「ちょっとは正月らしいことをしろ!」という声が聞こえてきますが、私の正月はいつもこんな感じです(汗) …

お正月遊びの由来!それぞれ深い意味があったので紹介します!

スポンサードリンク お正月は食って寝ることが多い管理人のももです。 その理由として「どこ行っても人が多いし、並ぶし、初詣だけでいいか…」という正月グータラ生活になりがちです。 若いうちは正 …

「謹賀新年」と「あけましておめでとう」は重複?使い方を見直してみよう!

スポンサードリンク 年賀状を書く時によく用いられる「謹賀新年」。 私も年賀状を友人や親戚宛に書く際に用いていますが、 よくよく考えてみたら…「謹賀新年」と「あけましておめでとう」は同じ意味 …

プロフィール

もも(管理人)

ももの雑学!豆知識生活!へようこそ! 管理人のももと申します! 名前はペットの鳥から取りました(鳥だけに) モットーはわかりやすく楽しいブログです! 雑学と豆知識以外にも管理人の好きなことや気になったことなど自由に書いていきたいと思います! 応援コメント頂けますと励みになります♪ ツイッターやってます! フォローお気軽に ^^) _旦~~

記事一覧