雑学と豆知識を中心に、管理人の趣味(主に競馬)や気になる話題も提供するブログです!

競馬

有馬記念の入場者数!ランキング形式で紹介!

投稿日:2018年9月11日 更新日:

スポンサードリンク

 

年末のビッグイベントの1つである競馬の有馬記念。

千葉県船橋市にある中山競馬場には10万人以上の観客が来場し、最後の大勝負に挑む姿は日本の名物となっています。

さて、そんな有馬記念では過去にアイドルホースのオグリキャップや最強と呼び声高いディープインパクトなどが有終の美を飾っていますが、その時の中山競馬場の来場者数は何人入ったかご存知でしょうか。

というわけで…

管理人
今回は有馬記念の来場者数をランキング形式でご紹介していきます!

有馬記念の入場者数ランキング(1990年~2017年)

有馬記念の入場者ランキングをベスト5形式でそれぞれ発表していきます!

なお1990年以前にも有馬記念はありましたが、データが不十分の為、割愛させて頂きます。
また1990年前後もデータが曖昧な部分もあると思います。

ちゃんとした数字がわかり次第追記していきますが、あくまで目安と考えて頂けますと幸いです。

5位:1996年 サクラローレル(16万95人)

引用元:https://ameblo.jp/kobochin01/entry-12230501637.html

1996年の有馬記念。
優勝馬サクラローレルが4位となりました。

サクラローレル、マヤノトップガン、マーベラスサンデーなどが出走。

直線でグランプリ春秋制覇のかかるマーベラスサンデーを2馬身半突き放して快勝。
前走の天皇賞秋の負けを忘れるような強さで競馬ファンを魅了しました。

 

★競走馬情報

 

父:Rainbow Quest

母:ローラローラ

優勝騎手:横山典弘

馬主:さくらコマース

調教師:小島太

生産者:谷岡牧場

生産地:静内町

獲得賞金:6億2689万円

 

4位:1997年 シルクジャスティス 16万719人

引用元:https://middle-edge.jp/articles/UpRET

1997年の有馬記念優勝のシルクジャスティスが4位に入りました。

このレースの1人気は去年サクラローレルの2着だったマーベラスサンデー。
鞍上は勿論武豊騎手ということもあって3.0倍の1人気に支持されました。

今度こそマーベラスサンデーが勝つと思っていたところに鞍上藤田伸二騎手のシルクジャスティスが襲い掛かります。

結果アタマ差でマーベラスサンデーはまたも2着、有馬記念を勝つことが叶いませんでした。

勝ったシルクジャスティスはダービー2着馬の若いホープ。
ジャパンCに出走し果敢に古馬に挑んだ結果、有馬記念を3歳で勝つことが出来ました。

 

★競走馬情報

 

父:ブライアンズタイム

母:ユーワメルド

優勝騎手:藤田伸二

馬主:シルク

調教師:大久保正陽

生産者:早田牧場新冠支場

生産地:新冠町

獲得賞金:4億5797万円

 

 

3位:2006年 ハーツクライ(16万2409人)

引用元:http://park10.wakwak.com/~misumi/mj-1216.html

あの有名なディープインパクトを国内で唯一破った馬であるハーツクライの有馬記念が3位にランクインしました。

メディアがこぞってディープインパクトを推しまくったおかげで近年ではあり得ない16万人超えの来場を記録しました。

「誰もディープインパクトが負けるなんて想像もしていなかった」

当時のファンは口々にそう言います。

しかし…

「競馬に絶対はない」

結果的にこの言葉が重くのしかかった有馬記念でした。

 

★競走馬情報

 

父:サンデーサイレンス

母:アイリッシュダンス

優勝騎手:C・ルメール騎手

馬主:社台レースホース

調教師:橋口弘次郎

生産者:社台ファーム

生産地:千歳市

獲得賞金:5億5573万円

 

2位:1995年 マヤノトップガン(16万4881人)

引用元:https://middle-edge.jp/articles/LBDAY

3歳の勢いそのままに!菊花賞馬は強かった!

同年の菊花賞馬マヤノトップガンが制した有馬記念が2位にランクイン!

3冠馬ナリタブライアンやヒシアマゾンが出走した中で、2着のタイキブリザードを2馬身離しての快勝劇でした。

ちなみに翌年のマヤノトップガンはナリタブライアンとのライバル対決で盛り上がることになります

★競走馬情報

 

父:ブライアンズタイム

母:アルプミープリーズ

優勝騎手:田原成貴

馬主:田所祐

調教師:坂口正大

生産者:川上悦夫

生産地:新冠町

獲得賞金:8億1039万円

1位:1990年 オグリキャップ(17万7779人)

引用元:https://number.bunshun.jp/articles/-/38153

天才が導いた奇跡の優勝劇!

オグリキャップの有馬記念が1位にランクインしました!

「競馬人気+バブル経済+オグリキャップの引退」

この3つの要素が合わさった結果、中山競馬場には17万ものファンが集結しました。

当時見に行った人に話を聞くと…

「動けないというより危険だった。将棋倒しで死ぬかと思った。」

「入場制限がかかり、門前払いを食らった人が多数いた。」

などという声がありました。

今じゃ17万入ることなんてあり得ないですからね…。
この数字の大きさがどれだけすごいか理解できます。

 

★競走馬情報

 

父:ダンシングキャップ

母:ホワイトナルビー

優勝騎手:武豊

馬主:近藤俊典

調教師:瀬戸口勉

生産者:稲葉不奈男

生産地:三石町

 

 

というわけでランキング(1位~5位)でご紹介しました。
続いて最近の競馬はどうなのでしょうか。

ついでに調べてみましたのでどうぞ~。

スポンサードリンク

最近の有馬記念(2013年~2017年)の入場者数

最近の有馬記念は全盛期と比べるとやはり減少傾向が否めません。

10万人入るのがデフォな有馬記念なのに10万切った年もあります。

では2013年から順に見ていきましょう!

2013年 有馬記念(12万4782人)

有馬記念-オルフェーヴル

引用元:http://nabecci.cocolog-nifty.com/bashamichi/2013/12/58i-1498.html

クラシック3冠馬オルフェーヴルのラストランとなった2013年の有馬記念。

金色の暴君とも呼ばれたヤンチャ坊主だったオルフェーヴルが有終の美を飾りました。

その着差はなんと8馬身!

騎手を振り落としたりと色々あった馬ですが、最後は「現役最強」であったと証明してくれました!

有馬記念に12万入ったのは近年でも数えられる程なので、なかなかの盛況ぶりでしたね。

2014年 有馬記念(11万5878人)

引用元:http://tonynokeiba.blog44.fc2.com/blog-entry-254.html

2014年の有馬記念はあのオルフェーヴルに勝った三冠牝馬のジェンティルドンナが制しました。

牝馬の有馬記念制覇は珍しく最近ではダイワスカーレットとジェンティルドンナくらいです。

こちらは前年に比べると入場者数が落ちましたが、それでも11万を超えてくれたらのでなかなかのものです。

2015年 有馬記念(12万7281人)

引用元:https://igufal.exblog.jp/22726508/

オルフェーヴルと並ぶヤンチャさを見せてくれたゴールドシップの引退レースとなった2015年の有馬記念。

こちらもちょっと問題児でゲートで暴れて大出遅れをするなどファンを悩ませた馬でした。

しかし、気性の荒さと顔の可愛さのギャップがあってか女性ファンの人気がすごかったですね。

ですが勝ったのはゴールドはゴールドでもゴールドアクターでした。
これによりゴールドアクターの主戦である吉田隼人騎手は初めてGIを勝利!

気になる入場者数は12万超えでいかにゴールドシップが人気だったかを示していますね。

2016年 有馬記念(9万8626人)

引用元:https://xn--6jwp9bq1vcjvlek.com/

キタサンブラックVSサトノダイヤモンドと2強対決となった有馬記念。

古馬の意地か、それとも新勢力か。

結果はサトノダイヤモンドが最後にキタサンブラックを差し切り優勝!

レース自体は熱いものでしたが、入場数はちょっと冷めていました。

なんと近年では逆の意味で珍しい10万人を下回ってしまいました。

天候にも恵まれたのにちょっと残念でしたね。

2017年 有馬記念(10万720人)

引用元:https://blog.goo.ne.jp/nana-7_002/e/a1188689c739256f7d41f28bb906cf0f

キタサンブラックのラストランとなった2017年の有馬記念。

去年に引き続いて絶好枠を引き、運も味方につけてレースに挑みました。

結果は武豊騎手の絶妙なペース配分とロケットスタートが功を奏してキタサンブラックの有終の美となりました。

馬主の北島三郎さんも有馬記念に3度挑んで最後に勝つことが出来たのでホッとしたことでしょう。

そしてレース後は「祭り」でしめてくれました。

2017年の有馬記念を現地で観戦した記事もあるのであわせてどうぞ~♪

関連記事:有馬記念観戦記!2017年編!

今回のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。最後に有馬記念の歴代入場者数について振り返っていきましょう!

有馬記念入場者ランキング

1位:1990年 オグリキャップ(17万7779人)

2位:1995年 マヤノトップガン(16万4881人)

3位:2006年 ハーツクライ(16万2409人)

4位:1997年 シルクジャスティス(16万719人)

5位:1996年 サクラローレル(16万95人)

 

今年(2018年)の有馬記念はどうなるのか楽しみですね~(*´ω`*)

管理人的には今一番ホットな馬であるオジュウチョウサンが有馬記念に出走を表明しているので去年(2017年)より多くなるのではと予想!

オジュウチョウサンについては以下の記事でも触れていますのでよろしければ覗いていってくださいね♪

関連記事:オジュウチョウサンと武豊!夢は有馬記念へ!

「有馬記念を観戦したくなった!」という方は以下の記事もご参照ください。

関連記事:中山競馬場へのアクセス!車?電車?バス?

関連記事:有馬記念の開門ダッシュ!席取りを制するコツ!

関連記事:有馬記念はいつどこで行われるの?アクセスや使えるネタを紹介!

関連記事:(2018)有馬記念のサインは!?予想と過去の事例を紹介!

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク

スポンサードリンク



-競馬
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

有馬記念観戦記!2017年編!

スポンサードリンク 行ってきました!有馬記念 の生観戦! 競馬ガチ勢グループにお世話になるため、前日から中山競馬場に行き、中山大障害の観戦も行いました。 とにかく素晴らしいレースの数々で今でも少し余韻 …

ゴール板

宝塚記念のファンファーレ!なぜ違うの?他は?

スポンサードリンク 競馬には数あるGIレースがあります。 有名どころをあげていくと日本ダービーや有馬記念などですね。 こちらの2レースはニュースなどでも報じられるくらいの知名度を誇っています。 あの皇 …

競馬のレース

競馬でオイオイはいつから始まった?合いの手は?

スポンサードリンク 皆さんは競馬場に足を運ばれたことはございませんか。 最近の競馬場はとても綺麗で「おじさんのギャンブル」というイメージを払拭しようとJRAがお金をかけて設備を改装したり、有名俳優をゲ …

中山競馬場

(2018)有馬記念のサインは!?予想と過去の事例を紹介!

スポンサードリンク 12月も中旬に入ってきたということで競馬のお祭りである有馬記念が近づいてきました。 元々有馬記念とダービーだけ馬券を買う私でしたが、競馬関連の記事を書いているうちにそれ以外のレース …

日本ダービーの席取りの方法!開門ダッシュを制すコツ!

スポンサードリンク 競馬に携わる全ての人間が憧れる特別な舞台。それが日本ダービーです。 競馬ファンはもちろんのこと、競馬を知らない人でも日本ダービーと有馬記念は知っている人も多いのではないでしょうか。 …

プロフィール

もも(管理人)

ももの雑学!豆知識生活!へようこそ! 管理人のももと申します! 名前はペットの鳥から取りました(鳥だけに) モットーはわかりやすく楽しいブログです! 雑学と豆知識以外にも管理人の好きなことや気になったことなど自由に書いていきたいと思います! 応援コメント頂けますと励みになります♪ ツイッターやってます! フォローお気軽に ^^) _旦~~

記事一覧

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930