雑学と豆知識を中心に、管理人の趣味(主に競馬)や気になる話題も提供するブログです!

節分の由来を子供向けに!豆まきについてわかりやすく伝えよう!

投稿日:2018年10月19日 更新日:

スポンサードリンク

「鬼は外~♪」「福は内~♪」と楽しい会話が聞こえてきそうな節分。

私の子供時代は年の数だけ豆を食べる決まりをもろに無視して食える数だけ豆を食べていました(笑)

食いしん坊な性格は今もなおらず日に日に肥大化する悲しさ…。

そんなくだらない話はさておきまして、今回は節分の由来を子供に対してどのように伝えたら良いか悩んでいる方に読んで頂きたい内容になっています!

「大人に伝えるのも難しいのに、子供なんてもっと難しいなぁ…」

と思っている方も大丈夫!

管理人
今回は節分の由来をまず理解してから子供に伝える際のノウハウについて解説していきますね♪

節分の由来とは?

まず節分は「季節の分かれ目」という意味があります。

中国で生まれた二十四節気の中で春夏秋冬のそれぞれの始まりとされている「立春」「立夏」「立秋」「立冬」。
これらの前日が節分と言われていました。

「えー!節分って年に4回あるの??」

その通り、節分は本来年に4回ある行事なのです。
しかし、私たちの知っている節分は2月にある立春の前日のはずです。

実は旧暦で考えると、立春は1年の始まりだったからです。

今は元旦である1月1日が新年の始まりとなっていますが、昔はポカポカ暖かくなる春の始まりこそ1年のスタートであると言われていたのです。

新しい年がスタートすると、今年一年の無病息災でいられますように…などを願いますよね。
昔の人も同じく1年間の安全と健康を願って立春の前日に厄払いが行われていたのです!

なぜ豆まきをするの?

節分の豆まきは大昔の日本から始まりました。

理由は諸説あり、どれが正しいのかは明確にはわかっていないそうです。

私が調べてみた結果、主な理由は以下の5つでした。

 

豆まきをする理由

 

古代中国では節分の日に旧年の厄を祓う「追儺(ついな)」と「鬼遣(おにやらい)」という行事に豆まきが行われていた

日本では古来より穀物や果実には邪気を払う力があると言い伝えがあり、大豆も五穀の1つだということから豆をまいて邪気を払っていた

京都の鞍馬山に鬼が出たい際に毘沙門天からのお告げで鬼の目に豆を投げつけて退治したことが由来になっている

豆には魔(鬼)を滅する=魔滅(まめ)という意味の語呂合わせがある

天皇が自分の歳の数の豆を捨て、家臣が拾って厄除けするという習慣があり、それが民間にも伝わりって節分で豆をまくようになった

 

なぜ鬼に豆を投げるの?

豆を投げる相手は鬼ですよね。

鬼以外にも悪霊だの閻魔王など悪いことをしそうな奴らはたくさんいるのになぜ鬼なのでしょうか?

実は昔の人たちは目に見えない悪さをするものたちを鬼の仕業であると考えていたのです。

例えば今でこそちゃんとした病名があるインフルエンザなどの病気も昔の人は鬼が悪さをしたことによって体調を崩したのであると信じていました。

そのような背景から厄払いの対象を鬼として「鬼はそと!」「福はうち!」と豆まきをしていたというワケです。

ちなみに鬼は豆が苦手な理由は先ほどにも書いた通り、豆には「魔を滅する」力があるので、豆をぶつけられると逃げて行ってしまうのです。

「豆なんて当たっても痛くないじゃん!」

と私は小さい頃から思っていたのですが、物理的なアレじゃなく豆の魔除けパワーで鬼が逃げていくのだと理解することができました(‘ω’)

なぜ鰯(いわし)と柊(ひいらぎ)を飾るの?

節分の飾りとして鰯と柊を飾りますね。

焼いた鰯を柊の上にさすことで魔除けの役割を果たしてくれます。

「鬼=厄払いの対象」であることからニオイが強い鰯と尖ったものである柊は厄払いにとても効力があるのです。

そのため、鬼は玄関などに飾られている鰯と柊を見た途端に逃げ出してその家には近寄らなくなると言われています。

今は本当にニオイが強くて周りの人たちの目を気にしてか、鰯と柊を飾っている家を見かけなくなりましたが、
私の親戚は今もこの伝統を守って鰯と柊を節分の日に飾っています。

なぜ年の数だけ豆を食べるの?

豆まきが終わると年の数だけ豆を食べます。

その理由は火で炙り、邪気を払った豆は「福豆」と言われており、その豆を年の数だけ体の中に入れることで、
翌年も健康で過ごすことができるとされています。

また豆を食べる際に自分の年齢+1つ食べると良いと聞きますよね。

その理由は旧暦で言えば節分の日は新年の始まりにあたるので、今年誕生日を迎えて+1歳になるということから、
今の年齢に+1をして数え年で豆を食べるというワケです。

管理人の年齢ならまだ十分食べられるのですが、おじさん化していくと食べきるのが苦しくなりそうだなと感じます(;^_^A

正しい豆まきのやり方

子供と楽しく豆まきをするために正しいやり方を知っておきましょう!

まず以下の作業を行ってください。

 

事前に準備すること

 

➀豆まきに使用する豆を事前に炒る

➁炒った豆を升にいれて神棚に供える

 

 

豆まきに使う豆を何もせずにそのまま使い、拾い忘れた豆から芽が出ることは良くないそうです。

また豆を炒ることで「魔目を射る」という語呂合わせになることも理由の1つですね。

あ、でもスーパーなどの市販の豆は大半が炒ってあるものなのでこの作業は必要ないかもです^^

その後は豆を升に入れて神棚に供えてあげてください。

「神棚は家にないよ~」

という方はタンスの上など自分の目線より高いところに供えてもOKです。

豆まきの手順

豆まきの手順は以下の通りです。

 

正しい豆まきの手順

 

➀玄関から外に向かって「鬼は外!」と言って豆をまいて扉を閉める

➁裏口から外に向かって「鬼は外!」と言って豆をまいて扉を閉める

➂各部屋の窓から外に向かって「鬼は外!」と言って豆をまいて扉を閉める

➃玄関から一番奥の部屋から「福は内!」と言って豆をまいていく

➄最後に玄関までいってもう一度扉を開けて外に向かって豆をまいたら豆まき終了!

➅年の数だけ豆を食べよう

 

イメージとしては家に入った鬼を奥の部屋から外に追いやっていく形でまいていきましょう!

まいた後に扉や窓を閉める理由は追い払った鬼を家に入れさせないためです。

掛け声や手順が地方によって異なるかもしれませんが、今回は一般的な方法をご紹介させて頂きました。

豆まきをする時間は?

鬼は夕方~夜にかけて家にやってくると言われています。

豆まきを行う場合は暗くなってきた時間に行うのが良いでしょう。

ただし、日付が変わる時間にやるのは節分の日を過ぎてしまうため、良くないので気を付けてくださいね。

豆まきは誰が行うの?

豆まきを行うのは昔だと家長か年男という決まりがありました。

ただ今では特にそのルールに従うことはなく、お母さんや子供でもやりたい人間がしている感じですね。

私も小さい頃にした豆まきでは鬼役が父で豆をまくのは私がしていました。

お子さんが「やりたい!」と言えばやらせてあげても良いかと思います^^

鬼役は誰がやるの?

鬼の仮面を被って鬼をするのは大抵パパさんの役割ですよね。

ですが、豆を本来まいていたのは一家の大黒柱の方だったので、そのパパさんに鬼役をやらせるのはどうかなぁと感じる管理人です。

スポンサードリンク

そもそも鬼は絶対必要かと言われたらそうでもないので、鬼なしで豆まきをしても全然いいと思います。

逆に子供が「鬼をやりたい!」と言ったら、こちらもやらせてあげてはいかがでしょうか?
逃げ回って全然外に出ていかない鬼になりそうですけどね(笑)

まいた豆はいつ片付けるの?

まいた豆を片付けるのは豆を食べ終えてからが一般的です。

私の家だと片付けるのは翌朝になりますね。

家にまいた豆は掃除機で吸い込んで、外にまいた豆は箒とちり取りで集めてゴミ箱に捨てましょう!

どうやって子供に伝えようか

読み聞かせ

子供に伝える際の鉄則として「難しい言葉は簡単な言葉に直す」ということが大切ですね。

変に「〇〇という年に〇〇という者が云々」というよりは「〇〇というすご~い人が昔にいて云々」という感じで子供の喋り方にあわせて話をしてあげるとより伝わりやすく、
子供も興味を持って聞いてもらえると思います^^

ではQ&A形式でとある親子の会話を見ていきましょう!

Q&A形式でチェック!こんな感じに話してみよう!

 

★登場人物の紹介!

 

今日は楽しい節分の日!

6歳の女の子 ゆきちゃんは豆まきに興味津々!

だけど、なんで節分に豆をまくのか理由についてわからない様子…。

そこでお母さんはゆきちゃんに上手く節分とまめまきについて伝えられるのでしょうか?

 

ねえねえ!なんで節分に豆をまくの?

お母さん

それはね、節分の日になると、こわ~い鬼さんがやってきて悪さをするの。

鬼さんを入れさせないために、前を鬼さんに投げるのよ。

 

そうなんだね!でも何で豆のかな?

お母さん  

豆にはね、鬼さんをやっつける不思議な力があるのよ。

鬼さんは豆を見ただけで逃げ出しちゃうくらいなの。

 

へ~!豆ってすごいね!

でも何で最後に豆を食べるの?

お母さん  

鬼さんをやっつけてくれる豆を食べるとね、1年間病気をしなくなるの。

ゆきちゃんは6歳だから、6つ豆を食べて強い子に育ってね!

 

うん!豆を食べて強くなるね!

とこんな感じでいかがでしょうか?

子供の質問攻撃はこれで終わらないと思いますが、噛み砕いてわかりやすく伝えてあげてくださいね^^

今回のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。最後に節分の由来についてまとめてみました!

節分の由来 まとめ

・節分は「季節の分かれ目」という意味がある

・節分は旧暦でいうと新年の始まりである

・豆まきの由来は以下のように諸説ある

古代中国では節分の日に旧年の厄を祓う「追儺(ついな)」と「鬼遣(おにやらい)」という行事に豆まきが行われていたという説

日本では古来より穀物や果実には邪気を払う力があると言い伝えがあり、大豆も五穀の1つだということから豆をまいて邪気を払っていたという説

京都の鞍馬山に鬼が出たい際に毘沙門天からのお告げで鬼の目に豆を投げつけて退治したことが由来になっているという説

豆には魔(鬼)を滅する=魔滅(まめ)という意味の語呂合わせがあるという説

天皇が自分の歳の数の豆を捨て、家臣が拾って厄除けするという習慣があり、それが民間にも伝わりって節分で豆をまくようになったという説

・豆には「魔を滅する」力がある

・昔の人は災いがあると鬼のせいであると信じていたことから豆まきの鬼は誕生した

・鰯と柊を飾る理由は鬼がニオイの強いものと尖っているものが苦手だから

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク

スポンサードリンク



-
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お正月遊びの由来!それぞれ深い意味があったので紹介します!

スポンサードリンク お正月は食って寝ることが多い管理人のももです。 その理由として「どこ行っても人が多いし、並ぶし、初詣だけでいいか…」という正月グータラ生活になりがちです。 若いうちは正 …

ルミナリエ

ルミナリエでLEDに変えた理由!その真相とは?

スポンサードリンク 12月に入るとクリスマスツリーなどのイルミネーションが街を輝かせますね。 綺麗なイルミネーションでは神戸のルミナリエ も日本でも非常に人気のあるイベントです。 あれだけ大掛かりなイ …

2019

年末年始休み2018-2019!いつからいつまで?業種別に!

スポンサードリンク   日本にある長期休暇は3つ!GW,お盆休み,年末年始ですね! 私は職業柄、祝日は少ないものの、長期休暇が一般的な会社より長いものでいつも連休はワクワクさせてくれます♪ …

ゆず湯

冬至にゆず湯に入る理由!色々な説から紐解いてみた!

スポンサードリンク 寒い冬の季節になると、体の芯からポカポカ温まりたいと常々思う管理人のももです。 出勤時や帰宅時にマフラーとコートで防寒対策していますが、どうやっても寒いですね…(;´Д …

鏡餅のみかんの意味とは?実はみかんじゃない!?

スポンサードリンク 正月に飾るものとして有名な鏡餅がありますね。 私の家にも鏡餅を毎年正月に飾っています。 ちなみに子供の頃は鏡餅のみかんと干し柿って食べても良いのかなと思っていました。 まあ食べたら …

プロフィール

もも(管理人)

ももの雑学!豆知識生活!へようこそ! 管理人のももと申します! 名前はペットの鳥から取りました(鳥だけに) モットーはわかりやすく楽しいブログです! 雑学と豆知識以外にも管理人の好きなことや気になったことなど自由に書いていきたいと思います! 応援コメント頂けますと励みになります♪ ツイッターやってます! フォローお気軽に ^^) _旦~~

記事一覧

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930