雑学と豆知識を中心に、管理人の趣味(主に競馬)や気になる話題も提供するブログです!

お正月

書き初めの意味と由来!オススメの四字熟語も教えます!

投稿日:2018年10月25日 更新日:

スポンサードリンク

お正月は餅食って寝てを繰り返すことで体重増加に拍車がかかる管理人のももです。

「ちょっとは正月らしいことをしろ!」という声が聞こえてきますが、私の正月はいつもこんな感じです(汗)

さてさて、正月らしいことと言えば、一本の筆で今年の目標を書く書き初めがありますよね。

昔から冬休みの宿題として定番ですが、なぜか私の小中高には縁がありませんでした。

なんか抱負とか書くと気合いが入りそうだなと考えていると、ただ目標を書くだけで書き初めって他に意味はないのかなと良い感じに気になり調べてみることに…!

管理人
日本の伝統を感じることが出来る書き初めの意味と由来を是非一緒に見ていきましょう!

書き初めを行う意味

書き初めをする意味を調べてみたところ以下の2つでした。

★書き初めを行う意味

 

字の上達を願うため

今年の抱負や目標を定めるため

 

今の時代は特に抱負や目標を冬休みの宿題として書かせる学校がほとんどだと思います。
会社や個人経営のお店などでも仕事始めに書き初めで目標を書くところも多いでしょう。

年の初めに1度だけ墨で字を書くワケですから気合も入りますし、いいことだなと思います♪

ただ、本来の意味は字の上達を願って書き初めを行っていたとされています。

昔は書き初めを書いた紙を神棚に納めたり、恵方の方角に向けて貼っていたことあるのだとか。

そして同じ月の1月に行われるどんど焼き。

この行事では正月飾りを焼くことで歳神様という新年に舞い降りてくる神様をお見送りするものですが、書き初めを書いた紙も一緒に燃やすことで、
書いた抱負や目標が叶い、字も上達すると言われています。

どんど焼きに関しては以下の記事からどうぞ~。

関連記事:どんど焼きで燃やすものは?燃やしてはいけないものも解説します!

燃えた紙が天高く飛んでいくことから神様もその目標をちゃんと見てくれているのだと思いますね(*´ω`*)

書き初めは1月2日!なんでこの日なの?

書き初めを行う日は1月2日ですよね。
でも何で1月1日じゃなくて1月2日なのでしょうか。

それは昔の農家や商家の仕事始めが1月2日だったことが大きな理由です。

彼らにとって1年の始まりは1月2日。
農家は2日に農作物を作り始め、商家は初荷を出します。

それにならって1月2日に書き初めをするようになったと言われています。

何事も始めは肝心!
その肝心な日が1月2日だったというワケで、それが今でも続いているのですね~。

書き初めの由来

書き初めの由来は平安時代に行われていた宮中の「吉書始め(きっしょはじめ)」という行事が元になっています。

吉書始めとは

 

今でいう書き初めと同じもの。

特徴的なところは元日の朝に井戸水からくんだ水を使って墨をすって恵方に向かって文字や四字熟語の他、詩歌などを書いて神棚に納める。

昔から今に至るまで宮中という天皇の住む皇居で行われている伝統ある行事である。
別名、「試筆(しひつ)」「筆始め(ふではじめ)」「初硯(はつすずり)」とも。

 

昔は書道そのものが身分や位の高い人しか行うことができず、宮中と一部の偉い文人のみが行っていました。

しかし、江戸時代に入ると、寺小屋の普及により庶民に縁のなかった勉強する大切さが広まります。

勉強には当然文字を書く必要がありますね。
そうなれば綺麗で正しい字を書く書道はとても大切なものであるという考えが浸透していくのです。

明治になると、書道は学校で学ぶ必須科目となり、一般の人に「書き初め」が広まっていったとされています。

今でも小中高で書道を習いますしね、納得です♪

「でも、うちの学校にはなんで書き初めの宿題がなかったのだろうか…(´・ω・`)」

とここでもちょっと不思議さを感じます。

書き初めを書くならコレだ!ネタを紹介!

書くネタに困ったら参考にしてほしいと考えて色々と紹介していきますね♪

 

一般人向けの言葉

 

謹賀新年(新年の慶びを述べること)

無病息災(病気をしないで健康でいるということ)

心願成就(願い事を叶うこと)

一意専心(ひたすら一つの物事に集中すること)

粉骨砕身(力の限り尽くすこと)

一念発起(あることを成し遂げようと決意すること)

初志貫徹(最初に決めた志を最後まで持つこと)

スポンサードリンク

日進月歩(絶えず進歩すること)

 

 

学生向けの言葉

 

文武両道(勉学とスポーツに秀でていること)

温故知新(昔のことを調べて新しい知識を得ること)

一期一会(一生に一度の出会いであること)

七転八起(何度失敗しても立ち上がること)

真剣勝負(本気で勝ち負けを争うこと)

全力投球(全力で物事に取り組むこと)

一日一生(一日を大切に生きることで、一生も大切に生きることができる)

 

 

社会人向けの言葉

 

一所懸命(1つの物事に全力で取り組むこと)

臨機応変(その時、その場に応じて適切な行動を取ること)

有言実行(一度口にしたことを何が何でも成し遂げること)

心機一転(何かがきっかけで気持ちが変わること)

切磋琢磨(仲間同士励まし合って行動すること)

普断節季(地道にまじめに働けば借金をすることはないこと)

和哀協同(心を同じくし、力をあわせて仕事をすること)

千客万来(たくさんの客が次から次へと来ること)

進取果敢(進んで新しいことに取り組んでいき、決断力があること)

廃寝忘食(がむしゃらに仕事に取り組むこと)

 

今回のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。最後に書き初めの意味と由来についてのまとめをどうぞ!

書き初めの意味と由来

書き初めの意味は以下である

・字の上達を願うため

・今年の抱負や目標を定めるため

書き初めの由来は以下である

・宮中で行われている吉書始めが由来

・江戸時代の寺小屋がきっかけとなり、明治時代には書道が必須科目となる

 

 

 

 

 

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク

スポンサードリンク



-お正月
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お正月遊びの由来!それぞれ深い意味があったので紹介します!

スポンサードリンク お正月は食って寝ることが多い管理人のももです。 その理由として「どこ行っても人が多いし、並ぶし、初詣だけでいいか…」という正月グータラ生活になりがちです。 若いうちは正 …

鏡餅

鏡餅の鏡開きのやり方!やってはいけない方法も!

スポンサードリンク 三が日が終わるとどの家庭でもホッと落ち着きますね。 年末年始はゴロゴロしているだけではなく、大掃除や初詣など何かと動くことが多いですね。 そしてそれらが終われば暇なので再び猫になる …

どんど焼きで燃やすものは?燃やしてはいけないものも解説します!

スポンサードリンク どんど焼きとは松の内が明けて外した正月飾りを積み上げて燃やす行事です。 正月飾りには歳神様が宿ると言われており、燃やすことで神様を送り届けます。 私の実家でも役目を終えた正月飾りを …

お年玉のぽち袋の書き方!写真付きでわかりやすく解説します!

スポンサードリンク 管理人がお正月で一番好きなイベントが….そうお年玉!! 子供の頃から莫大なお金が手に入るビッグイベントということで、ワクワク感が半端なかったですね^^ 親戚や近所の方か …

鏡餅のみかんの意味とは?実はみかんじゃない!?

スポンサードリンク 正月に飾るものとして有名な鏡餅がありますね。 私の家にも鏡餅を毎年正月に飾っています。 ちなみに子供の頃は鏡餅のみかんと干し柿って食べても良いのかなと思っていました。 まあ食べたら …

プロフィール

もも(管理人)

ももの雑学!豆知識生活!へようこそ! 管理人のももと申します! 名前はペットの鳥から取りました(鳥だけに) モットーはわかりやすく楽しいブログです! 雑学と豆知識以外にも管理人の好きなことや気になったことなど自由に書いていきたいと思います! 応援コメント頂けますと励みになります♪ ツイッターやってます! フォローお気軽に ^^) _旦~~

記事一覧