雑学と豆知識を中心に、管理人の趣味(主に競馬)や気になる話題も提供するブログです!

食べ物

エビの尻尾に栄養はあるの??食べない方が良い??

投稿日:2019年1月22日 更新日:

スポンサードリンク

エビフライで白飯3杯はいけるほど大好物な管理人のももです!

 

それに留まらず寿司ネタでもエビは大好きなのであります・・・!

プリップリの実と食感が病みつきになってしまうので、ついつい食べ過ぎてしまいますね(笑)

そんなエビには食べる人と食べない人でくっきり分かれてしまうポイントがあります!

 

それは・・・エビの尻尾!!

私は尻尾までボリボリ食べる派ですが、中には嫌いだからと食べない人も多いですよね。

食べない派からは「エビの尻尾なんて栄養が全くないから食べる必要がない」という意見も・・!

 

確かに美味しいだけで何となく栄養が少なそうな気はしてましたが、実際はどうなのでしょうか?

エビが大好きな方もそうでない方も一緒に見ていきましょう^^

管理人
今回はエビの尻尾の栄養について詳しく解説していきます!

エビの尻尾に栄養はあるの?

「エビの尻尾ってぶっちゃけ食べて良いものなの??」

そう考えながら調べていると、以下のようなことが書かれていました。

 

エビの尻尾には毒がある

エビの尻尾は虫と同じ成分

エビの尻尾は食べ過ぎると病気になる

 

ネガティブなことが書かれていて、さすがに管理人も焦りました・・・(笑)

これらを深く掘り下げてみましょう。

エビの尻尾には毒がある!?

ネット上ではエビの尻尾に毒が含まれていると記述されていますが・・・

 

エビの尻尾に毒はありません!!

 

そもそも毒があるものをスーパーやコンビニなどで買うことはできないですしね(;^_^A

全くのデタラメなので、バリバリ食べても大丈夫です。

エビの尻尾は虫と同じ成分!?

これは残念ながら本当なのです・・・!

エビの尻尾には「キチン質」という成分が含まれています。

 

キチン質とはカニなどの甲殻類の殻や、昆虫のカブトムシやクワガタなどの節足動物の外骨格にも含まれており、

食べても害はなく、動物性の食物繊維が含まれているため、血中の悪玉コレステロールなどの有害物質を体外へ出してくれる解毒効果があるのです!

 

他にも肥満予防や免疫力の向上など様々なメリットがありますよ~♪

 

虫と同じ成分と聞くと、やはり聞こえが悪いのですけどね・・・(笑)

気にせず食べてもノープロブレムです!^^

エビの尻尾は食べ過ぎると病気になる!?

これは人により「YES」とも「NO」とも言えます。

 

私たちのように高齢者ではない人たちは普通に食べてもOKです。

しかし、高齢者の方は要注意が必要です!!

エビの尻尾にはキチン質が含まれていると説明しました。

キチン質は動物性食物繊維なので、酸に溶けにくく消化が良くないというデメリットがあるのです。

そのため、若い人たちより消化機能が低下している高齢者がエビの尻尾を多く食べ過ぎると、消化不良を起こし、

最悪は胃炎や腸炎などの病気を引き起こすことも・・・!

 

高齢者の方はエビの尻尾を2~3本くらいと少な目にしておくことをオススメします。

他にも!エビの尻尾に含まれる栄養!!

エビの尻尾には他にも魅力的な栄養が多く含まれています。

今まで尻尾を残していた人たちも思わず「食べてみようかな」と思わせてくれるような栄養素をご紹介します!

骨を丈夫に!カルシウムも含まれている!

エビの尻尾にはカルシウムが含まれています。

カルシウムは骨を丈夫にしたり、イライラを解消したり、また体重が増えるのを防いでくれる効果も・・・!

一日の摂取量は大人で約440mg程度。

さすがにエビの尻尾だけでは補えないので、牛乳やヨーグルトなどの乳製品をしっかり食べるようにしましょう!

老化防止に!アスタキサンチンも含まれている!

「アスタキサンチンって何だ!?」

と思わず管理人も言ってしまいましたが、説明すると・・・

 

アスタキサンチンはポリフェノールの一種

化粧品などにも使われ、アンチエイジング効果がある

ビタミンEと比べると抗酸化作用が100倍も違う

トマトやニンジンなどにも抗酸化作用が含まれているが、アスタキサンチンの方が数倍効力がある

 

このように美容効果を中心にアスタキサンチンには魅力的な効力が盛りだくさん!

スポンサードリンク

 

他にも・・・!

 

 

脳を活性酸素から守る

脳の血管を老化させない

眼精疲労を回復させる

筋肉痛を抑える

自律神経を整える

生活習慣病から守る

….etc

 

 

せっかくだから美味しくエビの尻尾を食べよう!!

エビフライなどの尻尾はそのまま食べても美味しいです。

ただ、「なんか味気ない・・・・」ということで残す人も多いですね。

ポイッと捨てるのは勿体ないので、エビの尻尾を使って、おつまみ感覚で食べちゃいましょう♪

 

★材料と作り方

 

エビの尻尾(好きなだけ)

オリーブオイル(大さじ半分程度)

ニンニク(ひとかけ)

塩コショウ(適量)

醤油(小さじ1杯)

ごま油(小さじ1杯)

 


 

 

➀ エビの尻尾をよく洗う

➁ トースターで5分くらい焼く

➂ フライパンにニンニクとオリーブオイルを入れて火にかける(弱火)

➃ ニンニクの香りがしたらエビの尻尾を入れる

➄ 塩コショウをして簡単に炒める(中火)

⑥ 火を止めて醤油とごま油をかけて完成♪

 

今回のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。最後にエビの尻尾の栄養についてのまとめをどうぞ~♪

エビの尻尾の栄養

エビの尻尾には以下の栄養が含まれている

・キチン質(血中の悪玉コレステロールを体外へ出し、肥満予防になる)

・カルシウム(骨を丈夫にし、イライラを解消する)

・アスタキサンチン(アンチエイジング効果など様々な効力がある)

高齢者が食べ過ぎると体に害を及ぼすことも、1日に2~3本程度にしておくこと

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク

スポンサードリンク



-食べ物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バナナのカロリーはどれくらい?太る?太らない?

スポンサードリンク どうも!管理人のももです! 一昔前に「朝バナナ」という言葉が流行ったことを覚えていますでしょうか? 朝食にバナナを食べると元気が出てダイエット効果もあるという話。 ちなみに元々バナ …

バナナの食べ過ぎは危険!?1日に何本までならOK?

スポンサードリンク 甘くて美味しいフルーツの1つとして存在するバナナ。 管理人も超がつくほどのバナナ好きで外食へ行った際は「バナナタルト」や「バナナオレ」など「バナナ〇〇」とついてしまう食べ物はつい頼 …

もやしを食べ過ぎると副作用が!?1日に何袋食べて良いの??

スポンサードリンク もやしのように痩せたい願望を持つ管理人のももです。 そんな太め残りの管理人はさておき、もやしは値段が安くて料理にも何でもあいますよね! 野菜炒めはもちろん、ラーメンのトッピングや付 …

柿のカロリーはどのくらい?ダイエットに向く??

スポンサードリンク 芸術の秋より食欲の秋という言葉が相応しい管理人のももです。 食べることは良いことだと自分勝手に考えながら毎日を生きているので体重は常日頃から倍プッシュ気味でございます(汗) &nb …

ガムを飲み込むとどうなるの?気になる害を調べてみた!

スポンサードリンク 日頃からよく仕事場や家でもガムをモグモグさせている管理人のももです。 子供の頃はガムを膨らませて遊んだりしていて唇にガムのかすがよくついたままになっていました。 結構癖になってしま …

プロフィール

もも(管理人)

ももの雑学!豆知識生活!へようこそ! 管理人のももと申します! 名前はペットの鳥から取りました(鳥だけに) モットーはわかりやすく楽しいブログです! 雑学と豆知識以外にも管理人の好きなことや気になったことなど自由に書いていきたいと思います! 応援コメント頂けますと励みになります♪ ツイッターやってます! フォローお気軽に ^^) _旦~~

記事一覧

人気記事一覧