雑学と豆知識を中心に、管理人の趣味(主に競馬)や気になる話題も提供するブログです!

花言葉

カーネーションの花言葉を色別に!それぞれの意味を説明します!

投稿日:2019年1月25日 更新日:

スポンサードリンク

カーネーションは母の日に贈る花として有名ですよね!

 

私は無知だったので、カーネーションは赤いものしかないと思い込んでいましたが、

つい最近やっていたテレビを何気なく見ていたらカーネーションは赤だけじゃなくて多数の色があるのだとわかりました。

 

母の日に贈るのは赤のカーネーション。

なぜ母の日は赤なのか気になって調べていくと、ついでに他の色の意味も知りたくなって全部調べちゃいました。

色によってそれぞれ意味が異なるので、とても興味深いですよ~♪

 

管理人
今回はカーネーションの花言葉についてまとめてみました!

カーネーションの花言葉

まずカーネーション全体としての意味は「無垢で純粋な愛」です。

ただ、これは日本の花言葉。

西洋では「魅惑、卓越、名声」といった意味となります。

 

やはり「愛」がテーマになっている花ですね。

母への愛ということで、参考になるように以下の色を調べてみました↓↓

 

黄色

ピンク

オレンジ

青色

複色

 

色ごとに日本と西洋では意味の違うカーネーションの花言葉。

2つに分けて解説していきますね^^

 

※一部西洋の意味だけがわからないものがありますのでご了承ください・・・(わかり次第追記していきます)

赤のカーネーション

母の日の鉄板である赤のカーネーション。

これの意味は「母への愛」です。

 

母の日に赤のカーネーションを渡す理由は、この意味のまんまですね(*´ω`*)

あ、ちなみに!

母の日を作った人が母に渡したのは赤ではなく、白のカーネーションなのですよ(理由は次で解説しますね)

 

 

西洋では?

 

 

西洋では、「あなたに会いたくてたまらない」「深い愛」「敬愛」などの意味があります。

遠距離恋愛しているカップルみたいで、とても素敵な意味ですよね!

 

・・・私もそんな恋をしてみたいですね(笑)

 

 

白のカーネーション

白のカーネーションの花言葉は「亡き母を偲ぶ」という意味があります。

つまり亡くなった母親へ贈るものですね。

逆に生きている人に贈ったら失礼になるので、気を付けてくださいね・・・!

 

先程、母の日を作った人が最初に贈ったのが白のカーネーションだとお伝えしました。

 

実は母の日が作られた当日、すでに創設者の母親はこの世にはいません。

そのことを悲しみ、亡き母が大好きだったという白のカーネーションをお別れの日に贈ったことが母の日の由来となっているのですよ。

 

関連記事:母の日の意味と由来!カーネーションを贈るにはワケがあった!!

 

 

西洋では?

 

 

西洋では、「かわいらしく愛らしい」「純潔」「純粋な愛」という意味があります。

日本では亡くなった人に贈るというイメージが強いですが、こちらはそうでもなさそうですね。

 

「かわいい」というフレーズが入っているので、お母さんに贈るというより、子供に贈る方が正しいのかなと感じます。

 

 

黄色のカーネーション

黄色のカーネーションの花言葉は「嫉妬、軽蔑」という意味です。

 

「えっ!?そんな意味なの??」と思われた方も多いはず。

結構綺麗な色なんですけどね・・・色と意味のギャップに驚きました(;^_^A

 

このようにネガティブな意味なので、間違っても母の日には贈らないようにしましょう。

 

ちなみに私の母は黄色が好きです。

はて・・・困ったものです(汗)

とはいえ、この意味ではいくら黄色が好きでも渡せないですね・・・。

 

 

西洋では?

 

 

西洋では、「あなたに失望しました」「拒絶」「軽蔑」という意味があります。

ネガティブな言葉が多いのは日本と同じですね・・・。

プレゼントに向かないのは、万国共通かもしれません。

スポンサードリンク

 

 

ピンクのカーネーション

ピンクのカーネーションの花言葉は「女性の愛、美しい仕草」という意味です。

 

皆さんにとって女性の美しい仕草は何でしょうか?

私は髪をかき上げる仕草が好きですね(*´ω`*)

なんか大人な女性っぽいので。

 

ピンクということもあって、女性の好きな色ですしね。

赤以外を贈ろうと思っている人もオススメできます♪

 

 

西洋では?

 

 

西洋では、「あなたを決して忘れません」「女性の愛」「母の愛」という意味があります。

日本の白いカーネーションの意味と似ていますね。

別れる相手や亡くなった相手に贈る意味合いが強いです。

 

オレンジのカーネーション

オレンジのカーネーションの花言葉は「純粋な愛情、清らかな愛、感動」という意味です。

 

オレンジと聞くと、太陽に向かって走る的なノリで、情熱に満ち溢れているイメージがありますね。

ガッツあふれるお母さんに贈るのもいいかもしれません。

 

ちなみにうちの母はガッツというより知性溢れる方なので、ちょっと違うかなと感じています(笑)

青色のカーネーション

青色のカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」という意味です。

 

「いつまでも幸せな気持ちでいてほしい」

そんな心優しさを感じさせてくれます♪

 

また、青は冷静な気持ちを表しており、個人的に一番好きな色でもあります(*´ω`*)

 

 

西洋では?

 

西洋では、「気まぐれ」「変わりやすい」という意味があります。

ルパン三世でいう峰不二子みたいな人ですかね(笑)

 

そして、こちらもプレゼント用には向かないような意味合いですね・・・。

 

複色のカーネーション

複色のカーネーションの花言葉は「私の心に哀しみを」という意味です。

 

「哀しみ」という言葉がくっついているため、プレゼントには不向きですね・・・。

こちらも綺麗な色なので、鑑賞用として飾っておくのが良さそうです。

母の日に贈るなら・・・?

母の日に贈るのは赤のカーネーションでなければダメという決まりはありません。

ご紹介した色から、ある色の花だけ避けたら問題ないですよ。

 

★プレゼントにOKな色!

 

赤色のカーネーション

ピンクのカーネーション

オレンジのカーネーション

青色のカーネーション

 

プレゼントには不向きな色・・・

 

白色のカーネーション

黄色のカーネーション

複色のカーネーション

 

 

今回のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。最後にカーネーションの花言葉のまとめをどうぞ!

カーネーションの花言葉

・カーネーション全体の花言葉は「無垢で純粋な愛」

西洋では「魅惑、卓越、名声」

 

・赤のカーネーションの花言葉は「母への愛」

西洋では「あなたに会いたくてたまらない」「深い愛」「敬愛」

 

・白のカーネーションの花言葉は「亡き母を偲ぶ」

西洋では「かわいらしく愛らしい「純潔」「純粋な愛」

 

・黄色のカーネーションの花言葉は「嫉妬」「軽蔑」

西洋では「あなたに失望しました」「拒絶」「軽蔑」

 

・ピンクのカーネーションの花言葉は「女性の愛、美しい仕草」

西洋では「あなたを決して忘れません」「女性の愛」「母の愛」

 

・オレンジのカーネーションの花言葉は「純粋な愛情、清らかな愛、感動」

 

・青色のカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」

西洋では「気まぐれ」「変わりやすい」

 

・複色のカーネーションの花言葉は「私の心に哀しみを」

 

 

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク

スポンサードリンク



-花言葉
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バラの花言葉を色別に!色だけでなく本数にも違いが・・・!

スポンサードリンク 「綺麗な花にはトゲがある」の代名詞であるバラ。 美しい女性に近づいていく男性がビンタされるシーンが個人的に想像つきます(笑) 綺麗だからといって気安く触れるとトゲにささって痛い目を …

紫陽花(あじさい)の花言葉をご紹介!実はちょっと怖~い話!?

スポンサードリンク どうも!管理人のももです! じめじめ~~っとした季節がいや~な6月。 管理人は雨が嫌いなので、ちょっと気持ちがブルーになりがち・・・。 でも通勤途中などで駅まで歩いていると近所のお …

ガーベラの花言葉を色別に!と~っても素敵な意味が多いです!

スポンサードリンク 管理人のももです! 私が大好きな季節によく見かけるのがガーベラ。 春と秋とちょうど良い気候の中、野草として咲いているこの花を見ると、思わずホッコリしてしまいます(*´ω`*) &n …

すずらんの花言葉はとっても素敵!聞いたら幸せになれそう・・・!

スポンサードリンク 4月~5月頃にかけて開花する白くてかわいいすずらん! 見た目が小さなランプがいくつも連なっているように見えるので、とても素敵ですよね♪ 山に自生していることも多いのですが、観賞用と …

桜の花言葉を種類別に!実はちょっと悲しい意味も・・・!?

スポンサードリンク 「桜~桜~♪今咲き誇る~♪」 桜を聞くと、この歌が真っ先に思い浮かぶ管理人のももです! 日本人はみんな桜が大好きですよね! 桜の季節になると各地の桜の名所で花見をされる方も多いです …

プロフィール

もも(管理人)

ももの雑学!豆知識生活!へようこそ! 管理人のももと申します! 名前はペットの鳥から取りました(鳥だけに) モットーはわかりやすく楽しいブログです! 雑学と豆知識以外にも管理人の好きなことや気になったことなど自由に書いていきたいと思います! 応援コメント頂けますと励みになります♪ ツイッターやってます! フォローお気軽に ^^) _旦~~

記事一覧

人気記事一覧