雑学と豆知識を中心に、管理人の趣味(主に競馬)や気になる話題も提供するブログです!

食べ物

ボジョレー・ヌーボーってまずいのは本当!?美味しく飲むにはどうすれば?

投稿日:2017年10月20日 更新日:

スポンサードリンク

ボージョレーヌーボー 

ボジョレー・ヌーボーは日本で馴染み深いワインですよね。

なにせその解禁日になればCMや店頭販売を大々的に行って、どこのスーパーや百貨店でもボジョレー・ヌーボーを売ろうと動き出すはずです!
同時に解禁日になってお店に並んでいるのを見ていつも思うことがあります。

「ボジョレー・ヌーボーって並ぶほど美味しいのか?」

日本人のみならず外国人でも並んでいる店は必然的に美味しいものが買える、または食べられると思いますが、現実はどうなんでしょうか。
調べてみると味のみならず意外な事実が色々と出てきました!

管理人
知名度ナンバーワンのワインこそボジョレー・ヌーボーですが、味や値段などボジョレー・ヌーボーの真実に迫ってみたいと思います!

ボジョレー・ヌーボーってまずいワイン?

解禁日になれば嫌でも見てしまうこのワインですが、果たして味は美味しいのでしょうか。

ネットの評価はツイッターを見るとわかりやすいので、まずい派とうまい派の意見をそれぞれあげていきますね。

まずい派の意見

まずい派の意見はこのようになっています。

 

まずい派の中にはサイゼリアのワインやローソンの500円ワインのほうが美味いという意見もありました(笑)
口に合わない人は本当にダメなのでしょうね。

では次に美味しい派の意見をどうぞ!

美味しい派の意見

 

 

比較的女性の方が好んで飲まれている気がしますね。
また飲む際にあわせる料理によっては美味なのかもしれません。

海外の評価は?

ボジョレー

ここで海外の方はボジョレー・ヌーボーをどう思っているのか調べてみました。

結論から申し上げますと、ボジョレー・ヌーボーを飲んでいる国は地元フランスか日本だけらしいです。

その理由は外国人から見るとボジョレー・ヌーボーは大して美味しくないからでしょうね。

本場のフランス人もボジョレー・ヌーボーを飲むらしいですが、「まずい」と割り切って飲んでいることがほとんど。
向こうではボジョレー・ヌーボーはあくまで「葡萄の出来を確認するだけ」に作られて飲むだけだそうです。

さらにフランスでは低価格で手に入るため(100円~200円程度)飲食店によってはタダで客に提供しているところもあるとか…。

そんな背景があることからフランス人は解禁日にあわせて百貨店に押し寄せる日本人に対して「解禁日まで律儀に待って2000円払うくらいなら、もっといい酒飲んだらいいのに」と思うそうです。

フランスと日本での完全な価値観の違いが浮彫になりましたね。

ボジョレー・ヌーボーの好みが分かれる理由は?

ボジョレー・ヌーボーは日本産のワインではなく、フランス生まれのワインです。

ボジョレー・ヌーボーを作る際は葡萄の一種ガメイが用いられます。
ガメイとはフランスのボジョレー地区で栽培されるボジョレーヌーボーを作る際になくてはならないものです。

このガメイを使ったワインは総じて早飲みに適しており、熟成させて飲むには適さないそうです。
普通ワインは〇〇年ものという形で何年か寝かしつけて飲むことが多いのですが、ボジョレー・ヌーボーはその逆というわけですね。

寝かしつけるとそれだけ深みが出るのですが、ボジョレー・ヌーボーの場合は早飲みということで渋みが少なく極めて飲みやすいフレッシュな味わいにはなるのですが、赤ワイン好きにとっては「こんなのワインじゃない」と言って毛嫌いする人もいるそうです(;^_^A

スポンサードリンク

深みがあるほうが好きな人とフレッシュな方が好きな人、これがボジョレー・ヌーボーが好きか嫌いかを分けているのではと管理人は思います。

ボジョレー・ヌーボーを美味しくする飲み方

 

ここでちょっと話が脱線して、嫌いな人も多いボジョレー・ヌーボーを美味しく飲むにはどうすれば良いのか調査してみました。

最初のほうにも少しだけ触れましたが、ボジョレー・ヌーボーを美味しく飲むには合う料理を選ぶこと、常温で飲むか冷やして飲むかなどの飲み方を選ぶことです。

まずボジョレー・ヌーボーにぴったりの料理はモッツァレラチーズ、生ハム、ウィンナーなどです。
フレッシュで飲みやすいボジョレー・ヌーボーは独特の臭みなどがある料理などには適しません。
同じように癖の少ない料理を選ぶことがポイントです。

次に常温か冷やして飲むかですが、ボジョレー・ヌーボーに限らずワインは冷やして飲んでも美味しいです。
ワイン大国のフランスでは18℃くらいでワインを飲むことが一般的です。

日本でボジョレー・ヌーボーを飲むときは寒い時期になっているので室温は暖かいことが多いですよね。
そのことから日本でワインを飲む際は多少冷やして飲むことが一番美味しいとされています。

また酸味は温度が低い方がより味わえるのでボジョレー・ヌーボーは特に冷やして飲んだ方が良いとされています。

これで今まで避けてたけど「ちょこっと飲みたい」と思った方もいらっしゃるかもなので解禁日をお伝えして終わりにしたいと思います!^^

ボジョレー・ヌーボーの解禁日

ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は決まっていて、毎年11月の第3木曜日です!

何故この日かと説明すると、ボジョレー・ヌーヴォーを決まった日以外に売り出すのを許可してしまうと「我先に!」とフライングして売り出す業者がたくさん続出します。

そうなれば、価格競争が起きて、品質低下に繋がってしまい、ボジョレー・ヌーボーの価値を落としてしまいます。
こういう事態にならないようにフランスのワイン法で指定日以外に売り出すことを禁止しています。

また木曜日という曜日指定にも意味があり、土日に売り出してしまうとワイン業者の休日と重なってしまうため毎年平日の木曜日という決まりになったそうです。

そのことから今年(2018年)の解禁日は11月15日(木) です!

今回のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。最後にボジョレー・ヌーボーに関するおさらいをしていきましょう!

ボジョレー・ヌーボー まとめ

・ボジョレー・ヌーボーとはフランス生まれのワイン、日本でもなじみ深いものである。

・ボジョレー・ヌーボーの解禁日は11月の第三木曜日。

・外国人からするとボジョレー・ヌーボーはまずい飲み物という位置づけがあり、日本でも好き嫌いが大きく分かれる傾向にある。

・ボジョレー・ヌーボーを美味しく飲むには冷やしたり、あわせる料理を考えて飲むことで美味しくなりやすい。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク

スポンサードリンク



-, 食べ物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

冬至にかぼちゃを食べる理由!かぼちゃ以外なら何があるの?

スポンサードリンク 冬至といえばかぼちゃを食べることで有名ですよね! 私の家でも冬至はゆず湯に浸かって体をポカポカにした状態にして… といういつもの流れを楽しみます(笑) でも冬至の日に何 …

除夜の鐘を鳴らす回数は?鳴らす時間や意味も調べてみた!

スポンサードリンク 一年最後の日といえば12/31の大晦日。 12/28頃に仕事納めで年末年始にゆっくりしている方がほとんどだと思います。 私も年末年始は実家で年越しそばを食べながら紅白や笑ってはいけ …

初詣のお賽銭の金額!ご利益のない金額もご紹介!

スポンサードリンク 子供の頃、初詣で良からぬことをお願いしていた管理人のももです! 初詣でお賽銭をするときは「今年一年健康でいられますように…」とお願いすることが普通ですが、 「大金持ちに …

ルミナリエ

ルミナリエでLEDに変えた理由!その真相とは?

スポンサードリンク 12月に入るとクリスマスツリーなどのイルミネーションが街を輝かせますね。 綺麗なイルミネーションでは神戸のルミナリエ も日本でも非常に人気のあるイベントです。 あれだけ大掛かりなイ …

クリスマスツリー

クリスマスツリーで使う星には意味がある?装飾の関係性も紹介!

スポンサードリンク 11月も終わりということでクリスマスツリーが並ぶ季節になってきました。 街中がまぶしくライトアップされるのを見ると彼女がいない歴が長い自分にとっては悲しい気持ちになってきます&#8 …

プロフィール

もも(管理人)

ももの雑学!豆知識生活!へようこそ! 管理人のももと申します! 名前はペットの鳥から取りました(鳥だけに) モットーはわかりやすく楽しいブログです! 雑学と豆知識以外にも管理人の好きなことや気になったことなど自由に書いていきたいと思います! 応援コメント頂けますと励みになります♪ ツイッターやってます! フォローお気軽に ^^) _旦~~

記事一覧

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930