雑学と豆知識を中心に、管理人の趣味(主に競馬)や気になる話題も提供するブログです!

クリスマス

クリスマスはいつから祝っていたの?歴史を徹底調査!!

投稿日:

スポンサードリンク

どうも!管理人のももです!

ジングルベール♪ジングルベール♪の歌が聞こえ始める頃。

世間はクリスマスムード一色になりますよね!

ただ、万年結婚できない男になりそうな私にはちょっと悲しいイベントになりそうです・・・(笑)

 

今でこそクリスマスは彼女と都会をデートして距離をぐっと縮めるイベントになっていますが、

このクリスマスはいつ頃から日本で定着したのか気になりませんか?

せっかくですからクリスマスが始まるその前に歴史を一緒に勉強しておきましょ~!

 

管理人
今回はクリスマスはいつ頃から日本に伝わったのかについて深く解説していきます!

クリスマスが日本に伝わったのはいつ??

クリスマスが日本に伝わったのはおおよそ500年程前。

1552年に周防国山口(現在の山口県にあたる)で宣教師のコメス・デ・トルレスが降誕祭のミサを行ったことが日本で最初のクリスマスと言われています。

誕生祭には日本人信徒も参加していましたが、江戸時代にキリスト教を弾圧したことにより国内で広まることはありませんでした。

学生時代に日本史に出てきた踏み絵を覚えていますか?

キリスト教徒以外はキリストの絵を踏むことに何とも感じませんでしたが、キリスト教は違います。

自ら神として崇めている大切な存在であるキリストを足で踏みつけることなんて出来ませんよね。

このような状況下ではクリスマスが広がるワケがなかったのです。

いつから定着し始めたの??

鎖国が続いたのは明治に入る前まで。

つまり明治時代になってようやく他国との取引が解禁されて、クリスマスが広がり始めたのです。

その大きなきっかけは「明治屋」の銀座進出。

明治屋とは現在でも東京都中央区に本社を置く食料品やお酒の小売業者です。

この明治屋が商業用ディスプレイに日本で初めてクリスマスツリーを置いたことが大きな反響を生み出したのです。

それ以降我先にと流行に乗っかろうと大手の企業を中心にクリスマス商戦が一気に過熱!

1910年に不二家は日本で初めてクリスマスケーキを販売し、爆発的にヒット!

その後1919年には帝国ホテルがお客さんを楽しませようとクリスマスパーティを開催して大いに盛り上がりました!

 

これだけ日本全国に広まったのは単なる物珍しさだけではなく、欧米列強に追いつこうとする当時の時代背景もあります。

「外国では当たり前なのに日本はまだ・・・」というセリフは使いたくなかったのでしょう。

明治屋を筆頭にした大手企業の思い切った作戦と時代の流れにより日本にクリスマスが完全に定着していったというワケなのです♪

 

ちなみに現在のサンタクロースが広まったのは1950年頃。

それ以前の一番最初に日本に広まったサンタクロースのお話が今と違ってて面白いので1つ紹介させて頂きます^^

 

★最初のサンタクロースのお話

 

 

物語の内容は「8歳の少年が旅人のおじいさんを助けて、そのおじいさんがクリスマスイブになると少年の元にやってきてたくさんプレゼントを渡す」という内容。

そのおじいさんは今のサンタクロースのような見た目ではなくて仙人のような人だったそう(ちょっと気難しそう・・・)

 

手にはクリスマスツリーを持っていて大きな袋にプレゼントがいっぱい。

そしてトナカイではなくなぜかロバと一緒にやってくるのですよ

煙突から入らずに普通に少年の元にやってくるので今考えるとかなりシュールですね(笑)

 

 

昭和になるとクリスマスは国民的行事に!

1939年に第二次世界大戦が始まると一旦クリスマスは封印されましたが、戦争が終わると活気を取り戻し始めます!

その様子を時系列順にご紹介していきましょう!

 

★昭和のクリスマス!

 

1950年

当時のクリスマスは子供ではなく大人がメインで楽しんでいました。

東京新宿のダンスホールではクリスマスの日にどんちゃん騒ぎ。

一晩中踊り続けた人たちは早朝にぐったりとして机に伏せて眠っていたそうです。

スポンサードリンク


 

1955年

この頃は高度経済成長の真っ只中。

景気は良く、飲めや歌えやの大騒ぎ。

12月25日の夕刊にはこんな内容に!

「世界中どこへ行ってもこんなバカ騒ぎは日本だけ!」

お祭りの様にクリスマスを楽しむ大人たちなのでした~


 

1965年

景気は右肩上がりが続かずに今度は不況に一転。

街中で売れ残ったサンタクロースの人形が転がっており、

ちょっと悲しさを感じる年でした。


 

1990年

やってきました!バブル経済!

お金をたくさん持ち歩くのが当たり前の時代。

銀座のサラリーマンは三越に「オープンハート」のネックスレスを求めて殺到しました。

恐るべきバブルの波!

他にも高価な宝石や指輪など奥様へのクリスマスプレゼントを買う人も多数!

派手にお金を使えた管理人も羨ましい時代です・・・!

 

 

ちなみに!

本格的に「子供たちがサンタクロースにプレゼントを靴下に入れてもらって・・・」のようになったのはちょうど東京オリンピックが始まった頃

大人の注目が一旦クリスマスからオリンピックに移り、入れ替わるように子供たちがクリスマスの雰囲気を楽しむようになるのです~

今は完全にクリスマスは子供~大人まで楽しむイベントになりましたが、このような歴史があったと考えると非常に感慨深いですよね♪

今回のまとめ

ここまでお読み頂きましてありがとうございます。最後にクリスマスの歴史についてのまとめをどうぞ!

 

クリスマスの歴史

・1552年に周防国山口が日本で一番最初のクリスマスが行われた

・行った人物は宣教師のコメス・デ・トルレス

・明治時代になって日本にクリスマスが広がり始める

・一番のきっかけは「明治屋」の銀座進出

・当時は大人が楽しむイベントだったが、東京オリンピックの始まりと共に子供たちも楽しむイベントへ変化する

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク

スポンサードリンク



-クリスマス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サンタクロースのモデルは誰?本名や由来についても!

スポンサードリンク 12月に入れば世間は一気にクリスマスムードになりますね。 恋人のいる方にとってはクリスマス仕様にライトアップされた町並みを二人で歩いて、食事をしたりと素敵な夜を過ごし、家族のいる方 …

クリスマスの”メリー”の意味って何?日本以外では使わない??

スポンサードリンク どうも!今年もロンリークリスマスの管理人ももです! ・・・と毎年恒例のように自虐ネタをかましていますが、もはや定番化してきましたね(笑) 真冬の夜、町中ではクリスマスツリーがまぶし …

クリスマスツリーの飾りの意味って何?深く解説します!

スポンサードリンク どうも!管理人のももです! 12月24日といえばクリスマス! この時期になると彼女のいない寂しさを感じると共に子供時代の楽しかった記憶も蘇ってきます。 あの頃はワクワクしながらクリ …

クリスマスツリー

クリスマスツリーで使う星には意味がある?装飾の関係性も紹介!

スポンサードリンク 11月も終わりということでクリスマスツリーが並ぶ季節になってきました。 街中がまぶしくライトアップされるのを見ると彼女がいない歴が長い自分にとっては悲しい気持ちになってきます&#8 …

プロフィール

もも(管理人)

ももの雑学!豆知識生活!へようこそ! 管理人のももと申します! 名前はペットの鳥から取りました(鳥だけに) モットーはわかりやすく楽しいブログです! 雑学と豆知識以外にも管理人の好きなことや気になったことなど自由に書いていきたいと思います! 応援コメント頂けますと励みになります♪ ツイッターやってます! フォローお気軽に ^^) _旦~~

記事一覧

人気記事一覧